ヤミ金業者への対処法をお伝えします

ヤミ金業者への対処法をお伝えしますヤミ金とは関わらないことが一番ですが、こういった違法業者は正規の業者に紛れて営業をしているので、知らないうちに利用してしまうということはあります。この記事ではヤミ金被害に遭った時の対処法を解説します。

 

お金を借りた業者がヤミ金であることがわかったら、すぐに警察に被害届を出しましょう。暴力を振るわれたり、電話で暴言を吐かれたりといった具体的な被害がなくても、被害届は出すべきです。なぜなら、国や都道府県知事に届出をしていない業者はそれだけで重大な犯罪を犯しているからです。さらに、出資法の上限である20%を超える金利をとっている場合にも出資法違反という犯罪を犯しています。それだけでも警察に被害届を出す理由になります。

 

警察に被害届を出したらすぐに解決するケースもありますが、多くの場合はそう簡単にはいきません。ヤミ金の歴史は意外と古く、警察に捕まらないためのノウハウが蓄積されているので、彼らはなかなか捕まることはありません。警察に相談をしたことがバレて、嫌がらせがエスカレートするケースもあります。

 

その場合、ヤミ金業者への対処法をお伝えしますすぐに闇金に強い弁護士に依頼をしましょう。弁護士への相談は早ければ早いほどいいです。放っておけば家族や職場、友達にまで被害が広がる可能性があります。

 

ヤミ金問題は、弁護士にとってもやっかいな問題なので、依頼を受けてくれない法律事務所も多数存在します。ヤミ金問題に強い弁護士に相談をすることが大切です。近くで見つからなければ全国から探してみましょう。電話だけで解決できる場合もあります。